商品の持つ本来の価値を視覚化する

商品に必要以上の付加価値をつけることはできませんが、その商品の持つ本来の価値を視覚化することはできます。それがギガデザインのブランディングです。WEBのページや、商品ページでの訴求はもちろんのことですが、ギガデザインではまずコンセプトを確立し、そのコンセプトを元にブランディングを行います。

SWOT分析

まずその商品、サービス、ビジネスのSWOT分析を行い、強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威 (Threats)を視覚化します。その視覚化されて浮き出てきた要素を元にコンセプトの土台を構築していきます。

市場調査

どのぐらいの規模の市場なのかを具体的に数字で確認していきます。市場が大きい場合は広告費が必要以上にかさまないようによりターゲット絞っていくことも必要な場合もあります。逆にニッチすぎる市場でも全国レベルで数字を確認すると意外とビジネスとして成立する可能性がある場合もあります。

ストーリーの重要性

コンセプトが確立してきたら次にストーリーの作成に入ります。それこそが商品の持つ本来の価値を視覚化することです。ストーリーと言ってもそれはイコール原稿ということではありません。デザインだったり表現だったり、更新コンテンツだったり、そのカタチは様々です。ただ、そのストーリーこそがユーザーへ、その商品の持つ本来の価値を伝える唯一の手段になります。

そのストーリーは検索エンジン対策的にも非常に有効です。検索エンジンのアルゴリスムはもう人間です。小手先のテクニックはもう通用しません。検索エンジンのアルゴリスムはやはりそのストーリーを重要視します。そしてそのストーリーに対するの人気なども判断基準にしています。

ギガデザインのブランディング

ギガデザインのブランディングは、WEBサイトの制作、リニューアルだったり、コンサルティングだったり、コラボレーションだったりそのカタチは様々です。
ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。